配信解除URLはどれを選択するべきか

配信解除URLの種類

【シナリオ別解除フォームURL】

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=xxxxxx
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=xxxxxx&delmail=###mail###

解除のためのフォームURL。「配信解除URL」で開くページ。
リダイレクトを使って短縮URL化することが可能。
シナリオ別に別のURLになるので、複数シナリオを管理するなら
記載間違いには注意する必要があります。
下はメールアドレスを自動差し込みする場合。

【ワンクリック用配信解除URL】

http://1lejend.com/d.php?t=###tourokuid###&m=###mail###

ワンクリックで解除ができるURL。
登録毎に購読者に割り当てられる登録IDと、メールアドレスが差し込まれる事により
機能するURLなので、短縮化はできません。

【一括解除フォームURL】

http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xxxxxx&a_mail=###mail###

全てのシナリオから登録を削除するためのフォーム。

解除URLの選び方

まず、全てのシナリオから解除するのか、シナリオごとに解除するのかによって
使用する解除URLが分かってきます。

全てのシナリオから解除していいなら、一括解除フォームURLを使用します。

シナリオ毎に解除したいなら、次に解除方法を決めます。
ワンクリックか、それともフォーム入力による解除かです。
ワンクリックは誤操作による解除が起こることがありますし、
フォームからの解除は面倒がられて迷惑メールに入れられるリスクがあります。

おすすめの解除URL記載方法

わたしのお勧めする解除URLの記載方法は、フォームを使用するものです。
具体的には以下のふたつのURLを使用します。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=xxxxxx&delmail=###mail###
https://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xxxxxx&a_mail=###mail###

ふたつあるのは、配信するメールによって、シナリオごとの解除か、
それとも全てのシナリオからの解除か使い分けるためです。

事前準備

まず到達率対策を行います。
アスメルの到達率を最高にする:その3 URLで解説している通り、
リダイレクトを使用してURLのドメイン部分を変更します。いくつか方法がありますが、
今回の場合は、.htaccessを使用するリダイレクト方法を選択する必要があります。
変更後は以下のようなURLで記載することができるようになります。

(example.comというドメインを使用していた場合)
http://example.com/r/delf.php?no=xxxxxx&delmail=###mail###
http://example.com/r/dela.php?no=xxxxxx&a_mail=###mail###

メール作成

さて、いよいよメール本文に解除URLを記載するわけですが、
上記のURLをそのまま記載してももちろん構いません。
ただ、メールアドレスも差し込まれるので、URLが長くなってしまいます。

そこで、HTMLメールを使用します。
今ではHTMLメールを受信できない環境の人はほとんどいませんから、
HTMLメールを使用したからといって、問題が生じることは稀でしょう。

下図のように、メール種別でHTMLメールを選択し、HTMLエディタをONにします。
リンク化したい文字を選択し、鎖マークをクリックします。

html1

下図の画面がポップするので、「リンクのURL」に解除URLを入力します。

html2

無事リンク化されました。
長いURLをそのまま記載するよりスマートですね。

html3



↓↓↓↓アスメルはこちら↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)