解除URLをどこに記載するべきか

配信するメールには必ず解除URLを記載する必要があります。
しかしどこに記載するかはあまり問題視されていないように思います。

普通はメールの最後の方、フッターに当たる箇所に記載するのが普通だと思います。
ほとんどの方がこの箇所に解除URLを載せているのではないでしょうか。

メール冒頭に解除URLを記載する必要性

わたしはメール末尾とともに、メール冒頭に解除URLを記載する必要性があると考えます。
これは、メールの解除代わりに迷惑メール報告を出されてしまうのを
ある程度防ぐ効果があると思うからです。

メールを配信して一番最悪なのは、解除されることではなく
迷惑メール報告を出されてしまうことです。
なぜなら迷惑メール報告を出されることによって次の配信の到達率に影響を与えるからです。

迷惑メール報告を出す人にはいくつかのパターンがあります。

  • 未承諾メールなどを本来的な迷惑メールとして振り分ける人
  • 解除が面倒で迷惑メールとして振り分ける人
  • 解除方法がわからなくてやむを得ず迷惑メールとして振り分ける人

解除が面倒とか、解除方法がわからない人にとって、
メール冒頭に解除URLがあると助かるのです。

メール冒頭に解除URLを記載するデメリット

解除率がやや高まるかもしれません。
しかし迷惑メール報告を出されてしまうよりは、よほど良いと考えましょう。

また、記載する解除URLワンクリック解除用のURLであると、
冒頭に記載した場合、誤って解除されてしまう恐れがあります。

そのため記載するURLは以下のページでお勧めしている方法がいいと思います。

配信解除URLはどれを選択するべきか

 

 



↓↓↓↓アスメルはこちら↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)